かかる費用は?

弁護士に相談すること、そして顧問弁護士を雇うことには、確かなメリットがあります。
特に様々なトラブルに至る可能性が高い現代において、私達が自分たちが専門としていない分野に関して相談することのできる相手がいるというのはとても心強いものです。

基本的に、顧問弁護士は雇用方法や料金体系が、その個人や雇っている会社、斡旋企業などにより異なります。
一般的なのは、月額で顧問料などを支払う方式であり、基本的な顧問料の他に相談料やその他手数料が必要となりますので、出費は少なくはありません。
また、実際に個人や会社相手に裁判を起こすとなった場合、別途費用が掛かります。
そのため、最近では顧問料を最低限に抑え、そして掛かった分だけ支払う、という方式が登場していますので、利用することができます。

リンク…年額費用40000円から利用できる顧問弁護士サービス【アディーレ プラス】

私達は個人として、そして会社は一法人として、取引先や顧客、従業員などから訴えられることがあります。
そういった場合に、後手に回ってしまうのではなく、すぐに対応出来るような準備を整えておくこと、そして実際にトラブルが起こりそうな時に、それによる損失を抑えるための準備も、もし顧問弁護士を雇っているなら、早めに、正確に行うことができます。