未分類」カテゴリーアーカイブ

かかる費用は?

弁護士に相談すること、そして顧問弁護士を雇うことには、確かなメリットがあります。
特に様々なトラブルに至る可能性が高い現代において、私達が自分たちが専門としていない分野に関して相談することのできる相手がいるというのはとても心強いものです。

基本的に、顧問弁護士は雇用方法や料金体系が、その個人や雇っている会社、斡旋企業などにより異なります。
一般的なのは、月額で顧問料などを支払う方式であり、基本的な顧問料の他に相談料やその他手数料が必要となりますので、出費は少なくはありません。
また、実際に個人や会社相手に裁判を起こすとなった場合、別途費用が掛かります。
そのため、最近では顧問料を最低限に抑え、そして掛かった分だけ支払う、という方式が登場していますので、利用することができます。

リンク…年額費用40000円から利用できる顧問弁護士サービス【アディーレ プラス】

私達は個人として、そして会社は一法人として、取引先や顧客、従業員などから訴えられることがあります。
そういった場合に、後手に回ってしまうのではなく、すぐに対応出来るような準備を整えておくこと、そして実際にトラブルが起こりそうな時に、それによる損失を抑えるための準備も、もし顧問弁護士を雇っているなら、早めに、正確に行うことができます。

すぐに対応する

痴漢のように、生活において急に訴えられるという場面は多いものではありませんが、私達はその危険性から身を隠していなければならないのも事実です。
例えば、お金に関するトラブルは、特に身近な人同士では起こりやすいものです。
お金を貸した、または借りた、返さない、などのトラブルに見舞われることがあります。
そういった場合も、もし弁護士という立場がいるなら、すぐに相談することができます。
また難しい問題として、相続の問題があります。
亡くなった親からの遺書に関して、親族間でトラブルになることがあります。
そういった場合も、弁護士に相談できるなら、正しい対処ができるでしょう。

私達は、一般的にそういった法的トラブルにおける場面において、弁護士に相談することができますが、よりそういったトラブルにすぐに対応したい場合、『顧問弁護士』を雇うことができます。
一般的に、多くの企業が専門の顧問弁護士を雇っています。
企業というのは、会社間や顧客との間、または様々な関係面で法的なトラブルが起こりやすいものです。
ですから、すぐにそれらのトラブルに対応出来るように、そしてトラブルを未然に防ぐことができるように、顧問弁護士を雇っているのです。

法律のプロ、なぜ必要

私達には解決できず、法律のプロが必要となる案件、トラブル…それにはどのようなものがあるのでしょうか。
例えば、最近はよく取り沙汰されるようになった、『痴漢冤罪』の問題があります。
痴漢は立派な犯罪ですが、その検挙のされやすさを逆手に取った、悪質な手口が増えています。
それによって、お金をせしめようとする女性がいるのも確かです。
過去にどれだけの人が、実際には行っていないのに痴漢の冤罪で逮捕されたかは分かりませんが、多くの人がそれによって人生を大きく左右されている事は間違い無いでしょう。
基本的に、痴漢に間違われたとしても、または故意的な冤罪にあったとしても、私達にはそれを避ける手段が少ない、というのが現状です。
一度その犯人として捉えられてしまえば、自分の主張を通すことはかなり難しいのです。
それによって実際に何年も拘置されていた人がいます。
では、もしそこで弁護士に頼ることができるなら、どのような対処が出来るでしょうか。

例えば、もし痴漢に間違われた、または罪をなすりつけられた場合、行っていないのであれば正々堂々と、自分の身分や電話番号などを明かし、または弁護士の連絡先を伝えて、その場を離れるという手段が良いでしょう。

顧問弁護士と法律

皆さんは、『トラブル』という言葉を聞くと、どのような場面を思い浮かべられるでしょうか。
私達の生活には、大小を問わず様々なトラブルに遭う危険性がありますが、それら一つ一つを解決していくことによって、私達はなんとか平穏な日常を保っている、ということが出来ます。
大抵のトラブルは個人で解決できるものの、自分だけでは解決できない、と思うようなトラブルに直面することもあります。
そういった場合、皆さんはどうしておられるでしょうか。
それらのトラブルから逃げてしまったり、解決を後回しにしてしまったりするでしょうか。
そういったことがオススメできないのは、そういった選択をすることによって、事態が好転するばかりか悪い方向へ進んでいってしまう可能性があるからです。
ですから、直面したトラブルはすぐに解決できるよう、私達の側にも心構えや準備が必要となります。

さて、自分で解決できず、準備が必要なトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。
その一つに、『法的』なトラブルがあります。
皆さんは一市民として法律の最低限の事柄は理解していると思われます。
しかし、私達はあくまでそれしか知りませんので、専門的な知識を必要とする場合に、対処出来ない場合があります。
そういったときに、どのようなところにそのトラブルシューティングをお願いすることが出来るのでしょうか。
それが、いわゆる『弁護士』です。
ではこれから、弁護士と顧問弁護士について取り上げます。