法律のプロ、なぜ必要

私達には解決できず、法律のプロが必要となる案件、トラブル…それにはどのようなものがあるのでしょうか。
例えば、最近はよく取り沙汰されるようになった、『痴漢冤罪』の問題があります。
痴漢は立派な犯罪ですが、その検挙のされやすさを逆手に取った、悪質な手口が増えています。
それによって、お金をせしめようとする女性がいるのも確かです。
過去にどれだけの人が、実際には行っていないのに痴漢の冤罪で逮捕されたかは分かりませんが、多くの人がそれによって人生を大きく左右されている事は間違い無いでしょう。
基本的に、痴漢に間違われたとしても、または故意的な冤罪にあったとしても、私達にはそれを避ける手段が少ない、というのが現状です。
一度その犯人として捉えられてしまえば、自分の主張を通すことはかなり難しいのです。
それによって実際に何年も拘置されていた人がいます。
では、もしそこで弁護士に頼ることができるなら、どのような対処が出来るでしょうか。

例えば、もし痴漢に間違われた、または罪をなすりつけられた場合、行っていないのであれば正々堂々と、自分の身分や電話番号などを明かし、または弁護士の連絡先を伝えて、その場を離れるという手段が良いでしょう。